そういえば皇帝ペンギンも見たよ。

どうもテレビやらDVDやらないと作業ができないのは何故なんでしょうか。
多分根っからの快楽主義者なので前に何か楽しいことがないと
作業ができないんだと思います。馬に人参みたいなもんですね。
さすがにレポートみたいな頭使う系は音楽が限度ですが
絵を描いたり色塗りなんかは映像がないと5時間以上座ってられません。
っつーか3時間も怪しいね。みんなよく絵だけかいてられるもんです。
ホントに好きなんだねー。
Gは別に文書カクよりは好きだけどテレビより好きじゃないです。
ま、こんな美大生もいるんですよ。







さて、そんなナガラ作業人のGは呑気に作業しながらDVDみました。
本日はGさん所蔵のトラフィック、レンタルのモナリザスマイル
キリクと魔女、ディナーラッシュの4本です。あ、ちなみに甲子園も見ました。
トラフィックはかなりイケてる映画で何回見てもあきない...ことはないですが
まあ、デルトロ兄貴とソダーバーグはカリスマだと思います。
最近のソダーバーグはオーシャンとかやっちゃってやっちゃたーって感じですが
映像は相変わらず素敵なので早く軽い題材はうまく作れていないということに
気づいて欲しいもんです。

で、モナリザスマイルは女子大生と新任講師の金八的物語かと思っていたら
先生も生徒も個々でやりたい放題で全然触れ合っていません。
2、3回交流したぐらいであとはジュリア(先生)ったら秀才にしか声をかけていないしな。所詮頭か...とGさんをノルスタジックにしたあげく結局秀才ったら大学より結婚とるわ!!と言い出したり、ジュリアがダンストちゃんのいたぶり校内新聞にキレてブチ切れ講義をかまして何も悪くないほかのクラスメイツの空気を悪くしてみたり、新婚だからといって講義をサボタージュしていたダンストちゃんをジュリアがお仕置き(しかも言葉攻め!!)してみたりと最後はうまくまとまるのかしら...と不安にさせられました。
まあ、ところがどっこい最後はよくある学園おちで確執があったジュリアとダンストちゃんがすごい仲良くなったみたいな展開に。和解したのはわかったけどそこまで仲良かったの?
もうGさんにはわからなくなってきたんですがこの最後まで粘って反抗してたダンストちゃんのママがPTAだか理事だかでこの映画はどちらかと言うと金八よりGTO的なノリだということはわかりました。つまり深く考えてはだめなんですね!これ!!

して、ディナーラッシュは話自体はそうないんですが
レストランの慌ただしい一夜って感じで個々のキャラが勝手に話を作ってくれます。
結構面白いですが忙しいです。忙しいレストランなので。
これた多分真剣に見たらそこまでおもろくもなかったような気がしましたが
ナガラ作業にはよかったです。雰囲気が好みでした。
単館系好きにはおすすーめ。

最後はキリクと魔女。
これも普通に面白いし映像もきれいなので
アニメーションに興味のない人にもおすすーめ。
ちなみに吹き替え版だとキリクのママーンが超単調にしゃべります。
内容も世界昔話みたいなないようで普通に楽しめますが
最後のオチにGさんはキリクめ!!ガキのくせに!!と地団駄を踏みました。
いい人になった魔女にちゅうしてもらってでかくなるのはいいんですけど
チビのまま口説きだしたことにもうなんていうかキリクの部族風にいうと
♪なんていう子だ〜ウハハ!(なんかあると歌いだすんですよ。アフリカの人は!!)
ってかんじです。日本じゃつくれない作品ですよ。これは。間違いなくね!
[PR]

by compb025 | 2005-08-15 00:57 | 趣味かもよ。

<< さよなら ファイティ。 Gさん、8月前期総括。 >>