ウディアーンと鼻眼鏡、そしてこぶ平。

久しぶりに(でもないか?)試写会へ。
今回は友人が当てたウディアレンの「さよならさよならハリウッド」
ウディイアレンは嫌いじゃないし「ウディの眼鏡がもらえるらしい」という
友人の言葉を聞き速攻いくことにしました。
場所はTOKYO FM。ラジオ系試写は行ったことあるんですけど
ホントにラジオ局で行くのは初めてでしたねー。きれいでした。

行く途中に試写はがきを見ていたらフォントのせいか
「ウディアレン」が「ウディアーン」に見えて一瞬パチもん試写会かと友人を疑いました。
そんなこんなで会場入りするとチラシとともに鼻眼鏡をいただき
「え、もしかしなくてもこれがウディ眼鏡?」と動揺しましたが案の定でした。
いらねー...こんなん売りにならん、馬鹿なのか?TOKYO FMと愚痴っていたら場内アナウンス。

「........以上の点にご注意ください。なお...再入場の際には入場時にお配りした
鼻眼鏡をご装着ください(笑)」

チケット代わりかよ!!!!!!! ってか笑いながらアナウンスすな!!!
なんなんだ...何の遊びだこれは...と思いつつも喉が渇いていたので
しょうがなく例のアイテムを装備して自販機へ。
ぞろぞろと鼻眼鏡たちが出てくる様は滑稽を通り越して不気味!
異様な疲労感を感じながらお茶を飲んでいたら更なる不吉アナウンスが。

「.........上映前に予定しておりますトークショウの際には必ず鼻眼鏡をご装着ください」

何故。

ポスターを見る限り鼻眼鏡に関係するところは一つもなく
強いて言えばウディの黒ぶち眼鏡ぐらいなんですが。
なら、鼻とひげはいらねーだろ。
とまたぶちぶちしていたらまた不吉アナウンスが

「開演の時間が近づいてまいりましたがまだ眼鏡を装着していないお客様、
必ず!必ずご装着ください」

そんな確認せんでも...。もうつけとるわ。隣のお姉さんなんかマスクまでしとるわ。
いったい何があるのだろうと不安をにじませながらもトークショウが始まり
何もないまま終わりました。

.....えー。





ウディの相手役はあいっかわらずわかめの美人orナイスバディ子ばっかりでその辺が理解できません。
ウディおじいさんは枯れるということを知りません。
おじいさんのキスシーンはなかなかつらいです。
以上のことを我慢すれば結構楽しめます。おもしろいよ。
早い展開やリズムのある話を好む人には最初ちょっとつらいかな?
落ちも結構読めるけど素直に笑えるよ。ウディがいい味出してる。
かわいいおじいちゃんだよ。
あれで「むらむらする〜」なんて言わなきゃ上出来なんだけどね。
[PR]

by compb025 | 2005-04-16 23:16 | 趣味かもよ。

<< 別に二桁勝利とかしなくていいい... >>